決めつけたがり屋さんは損をする?!

今日は暖かいですね。

これからまた夏に向かうのではないかと思ってしまうくらい・・・


こういう陽気の時は外でプラプラしたくなるんですよね(笑)

今こんな感じです↑


さて、今回のテーマは


決めつけないこと


昨日遭遇したシーンなのですが、ある女性がもう1人の女性に自分の最近の状況を話していました。


最近は何でもめんどくさく感じたり、すぐに飽きてしまうと。そして、食欲もなくなってしまい、すぐに疲れてしまうのに、眠りが浅く夜中に起きてしまうと・・・


話を聞いている方が色々と対策や提案をしたり、○○なんじゃないの?と質問したりしても、全てを「でも」とか、「そうじゃない」とか言いながら切り返して言っていました。


わかりますか?


この「でも」とか、「そうじゃない」という切り返しをしている限り、状況は改善されないし、良くなることはないんですよね。


相手のコメントや提案を全て否定する=自分自身に対して制限をしてしまっていて、自分は○○、これは〇〇と決めつけてしまっていることになります。


以前にもお話した悩みが尽きない人に似ているのですが、このパターンになってしまうと、一度負のスパイラルに入ったらなかなか抜け出せなくなります。


時には頑固さが、また時にはプライドが、時と場合によって根源は違いますが、自分が自分を制限していて、自分が自分を追いやっていることには変わりません。


そして自分がそれに気づいて、自分からそこを変えていかないと、どんなに今の自分の状態がしんどくて、辛くても、そこから抜け出すことは難しいです。


こういう方は全てに対して“決めつける”癖があるので、相手の立場にたって考えることが出来なかったりしますし、勘違いして決めつけると、自分にとって良いチャンスも逃すことになります。人に限らず、物事に対しても同じ。


○○はこうだから、私は嫌いとか、○○はああだから、私には合わない。


と接したこともなかったり、やってみたこともなかったりするのに、こう言うかた、こういう判断をするのは決めつけであり、自分に合うこと、自分にとって次へ繋がることかもしれないのに、鼻っから、フイにしてしまっていますよね。



最近、私自身、自分に対してそれは“決めつけでしょ”と思うようなことがあり、そう思ったときやどこからともなく“決めつけ”という言葉が聞こえてきたときには、一歩下がって、柔軟な状態に自分を整えています。



自分のものさし=人のものさしではないし、世の中にはたくさん自分が未だ知らないことがありますから、勝手に決めつけることほど、もったいないことはないです。



ということで、人生をより良くするためにも“決めつけ”はなくして言った方がいいですね。



《こんな本があります》

多文化社会のコミュニケーション –買いかぶらず、決めつけない基本スキル–

https://amzn.to/38VmBJk

すぐ「決めつける」バカ、まず「受けとめる」知的な人

https://amzn.to/3kINYIP


「だから自分はダメなんだ」と決めつけない ~こころ楽になる気持ちの扱い方~

https://amzn.to/2UEjDR2



では、また。


with much love♡


Mika


Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 by Meihua Mika Kimura. Proudly created with Wix.com