弱気の判断になっていませんか?




連日気持ちいいお天気が続いていますね。


台風がまた発生しているようですが、皆さんは天気予報をもとにご自身のスケジュールを調整されますか?


私はケースバイケースですが、それも天気予報が元というよりかは自分の気分を基準にしています。


晴れ女なので、ほとんどの場合、予報でいくら雨マークが出ていても、傘の出番が無かったりすることがよくあるので、基本は自分の感覚に従っています。


が、今日は1つ気づきがあったので、シェアをしたいと思います。


週末にちょっとしたイベントがありまして、流れで私は食事の手配をすることになりました。


その数なんと100人分。


私はあくまですでにオーダーしてある100人分を台風でイベントが中止になったとしても、手配した食事はキャンセルしない方向で話をもっていっていたのですが、統括する担当者の頭の中がもうすでに「台風の影響を受ける」→「手配した食事はキャンセルする」というモードになっていたんですね。


私は直感的にもそうですし、食事の発注をしたお店の立場に立って考えてみても(私の家族も長年レストランを開いていたのでキャンセルされる気持ちがわかるんです)、キャンセルすることで相手に与える影響的にも、発注した食事をキャンセルしたくなかったんですね。


ただ統括する担当者には「責任」という文字が付きまとっているので、控えめに判断をしたんですね。


これはその人が「責任」を気にしてしまいすぎているがために「弱気」の判断になってしまっている状況なんですね。


私なら例え「責任」がついていてもそのままGO。なぜなら直感的にそう感じているから。


現にお昼ごろみた天気予報では80%以上雨でしたが、先ほどの天気予報を見る限りでは雨に降られることは無さそうです。


とはいえ、当日までどうなるかお天気はわかりませんけどね。


ここで何が言いたいかというと、


「責任」というものが付いてこなかったら、同じ判断をしていたか・・・


ということ。


もし違う判断をしていたということならば、その方は大局のためと言いつつ、実は自分の保身のためにした判断だったと私は感じ取っています。


そして、常に「弱気」の判断をするようになっていると、成功の波が来ても、上手く乗れずに溺れてしまうでしょう。


もちろん判断をするに当たって、


“大事をとった方がいい場合”と“賭けに出てもいい場合”


があります。 ここの見極めが難しいと思われる方がいらっしゃるかもしれません。


でも、最初は失敗することがあるかもしれませんが、経験を積んでいくことで徐々に自分の直感に従うことが出来るようになっていきます。


なので、最初のうちは個人的なコトから初めてみてください。


今まで直感に従ってないのであれば、怖いと思ったり不安になったり、“本当にこれでいいのかな”と思ったりするかもしれませんが、直感を疑う必要はありません。


それより、直感に従わない自分を疑ってください。




最後に、保身のために自分と自由を失っては元も子もないので、そこも気をつけてくださいね。




今回はこの辺で・・・




では、また。


with much love♡



Mika





Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 by Meihua Mika Kimura. Proudly created with Wix.com