本当だけど、本物じゃないの・・・

こんにちは!

今日も昨日に続いてポカポカ!

夜は結構気温が下がって寒くなったりしますが、日中はもう春ですね♪

快晴とまではいかない空模様でも、この通り、お日さまはパワフルに光っています!

写真右下にはトンビが写ってますね(笑)

さて、今日のお話ですが、

現実と真実は別物

ということです。

日ごろどちらも聞いたことある言葉だと思いますが、どっちも本当と言えば、本当ですよね。

でも、一方は目の前に広がる景色だったり、その時に繰り広げられているドラマだったりしますが、必ずしも脚色されていない、装飾されていないとは限らないのに対し、もう一方は飾り気が一切ないコトの本質、真の部分なんです。

ということは、この二つ、まったく別物となりますよね。

実際、私の身にも起きたことがあるのですが、真実とは違う風に現実を作り上げている人たちがいたんです。その人たちにとったら、真実はどうでもよく、自分たちにとって都合の良い現実を作りたくて、色々と工作していました。

この世の中、目の前に広がる現実が脚色されているとも知らず、捻じ曲げられているとも知らず、信じ切ってそれを真実だと思い込んでいる人が多いのですが、真実は真実で違う時もありますから、もし少しでも自分の中に“???”が生まれたり、なんか引っかかるふしがあったら、現実は現実とだけ捉えて、真実は別にあってもいいということに気づいてくださいね。

そうですね・・・例えば・・・

例①

<現実>

キレイな奥さんがいて、可愛い子供たちもいて、出世もしていて、持ち家もあって、周りからみると幸せそうな方

だとします、

でも、

<真実>

家族の為に働いて、稼いでいても、仕事に追われ、家族とはコミュニケーション取れず、すれ違う一方、楽しさや幸せを感じにくくなっている。

という可能性もあるし、

例②

<現実>

誰にでも愛想良くしている女性、常に周りには人がいて、異性からもモテる

とします、

でも、

<真実>の部分は・・・

自分のことが好きになれず、愛想良くして、人に受け入れてもらえることで、自己評価を上げようとしている。どんなに人が周りにいて、異性からモテていても、自分の心は開けないまま。

ということもあります。

例③

<現実>

社員Aには関係のない案件なのに、全く関係ないところで社員Aが悪者にされ、処分されることに。

<真実>

社員Aには関係ない案件。

社員Aをライバル視していた社員Bが、社員Aのポジションに着きたいがため、社員Aを引きずりおろそうとして、あれこれデタラメを並べ、風潮し、周りを惑わしていた。

こんな感じ・・・

真実がそのまま現実になっていればいいのですが、残念なことに、この世の中では違う場合が多々あります。そして、人々は現実を真実と勘違いし、判断したりしていることがあるということ、頭の片隅に入れておいてくださいね。

本心が真実なのに、本心を隠して過ごしていると、現実は偽った状態のことであり、実際に時は流れていて、日々過ごしているかもしれませんが、真実ではなくなります。

現実はいつでも変化します。真実は変化しません。

なので、現実だけを見て、それが全てだと思わず、真実に沿った現実に居られるように自分に正直にいれるといいですね。

なんだか最後のまとめがあまり上手くないですが、今はこのほかにどう表現したら良いのかわからないので、感じていただけたら幸いです。

さっ、もう一度外に出て、お散歩でもしてこよ~~~っと!

では、また!

with lots of love💖

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 by Meihua Mika Kimura. Proudly created with Wix.com