“前提”ってどうよ・・・

こんばんは。

今日も朝から動いていたら、こんな時間になってしまいました・・・

じゃーーーん。移動中に気になって撮った一枚。

「今、お仕事は何をされているんですか?」と最近よく聞かれます。

そりゃ、そうですよね・・・何足もワラジを履いているので、不思議に思われても仕方ないですよね・・・

私の中で基本はスピリチュアルカウンセリングですが、他にも英会話レッスン、中国語会話レッスン、翻訳・通訳、コンサートのプロヂューサーなどもしております。 まぁ~私についてはま~またそのうち自己紹介しますね(笑)

さて、今日のお話ですが・・・

“前提”話には気を付けよう!

というお話です。

良い結果を呼ぶための“ポジティブな前提”なら良いのですが、自分のエゴが主体の“前提話”は負のエネルギーが乗っかていることにご注意くださいね。

例えば、よくある話ですが・・・

結婚が前提じゃないと、お付き合いしない!

という“前提”話。

これは自分のエゴを押し付けているだけでございまして、条件を付けてしまっているんですよね。ということは、そこには利害関係が発生するので、純粋な愛する気持ちが薄れてしまっているのおわかりでしょうか?

例え結婚までこぎつけたとしても、“結婚が前提”なので、“結婚”がゴールになってしまっているので、その先に何かが起きて、自分の理想にそぐわなかった時、相手を責めたり、相手に責任を負わせたりすることになるのです。

もう一つの“前提”話・・・

〇〇になった前提で考えると、こういう良い結果が見込める、だから〇〇した方がいい。

というようなちょっと美味しい話。

そもそも“○○になった前提”と言っても、まだ“〇〇”になっていないわけで、ならない可能性もあります。百歩譲って、そうなる可能性が高いから大丈夫だとしても、その後の○○した方がいいというのは確実に話し手のエゴであって、美味しい“前提”話で○○させようとしているのがわかるでしょうか?

なので、何が言いたいかというと、自分が“前提”話をするとき、その話が自分のエゴ(押し付け)からくるものなのか、あるいはワクワクがあったり、原動力になったりする部分があるのかを見極めてから、話をしましょうね。

もしエゴからくるものであったら、仮に結果があなたの希望通りにならなかったとしても、誰かを責めたりはしないでくださいね。というか、責められませんから。

なぜなら、そこにはあなたの勝手な“押し付け”的な気持ちが入っているし、勝手に“期待”しているだけだったりするので・・・

以上。今日のお話でした!

おやすみなさい・・・

with lots of love♡

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2015 by Meihua Mika Kimura. Proudly created with Wix.com